よく言われる「妊娠中は風疹に注意」はなぜ?

ウムリンで妊娠に臨む方だけでなく、妊娠中に風疹には気をつけろといわれます。

その風疹とはウイルスによる感染症なのです。一般に三日ばしかとも呼ばれています。

だいたい妊娠20週ごろまでに風疹に感染した場合、ウイルスが胎盤を通って、

聴覚障害、先天性白内障、心臓奇形などの原因になる場合があります

 

風疹は通常ワクチン接種や一度感染すると、

抗体ができるため二度感染することはないと言えるでしょう。

しかし以前にワクチンを接種した人や、それまでに風疹にかかったことがある人も、

抗体が十分でないこともあります。また風疹に症状が似た病気もいろいろあるため、

妊娠前には念を入れるためにも検査を受けてください。

 

妊娠・出産前に風疹の検査をした場合、風疹の抗体が十分にできているかどうかを

調ぺます。万が一妊娠中に風疹が流行した場合でも抗体さえきちんとできていれば、

心配はありません。もし抗体が不十分であった場合、

ワクチンを接種し抗体ができていることを確認してから妊娠へと進みます。

 

ウムリンは卵子に関係する細胞に効果はありますが、風疹の抗体とはなりえません。

まずは、事前の準備を済ませてから次の段階に進みましょう。

>>梅で妊活【ウムリン】<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です